Computer Vision

Qt5.12.2のインストール

Windows、MacやLinuxなどクロスプラットフォームで利用できるQt5.12.2をWindowsにインストールする手順を紹介します。ちなみに、Qtは「キュート」と読みます。

Qt5.12.2のダウンロード

オンライン版のInstallerも存在しますが、今回はオフライン版のInstallerをQtのダウンロードページから入手します。Windowsの場合は、Qt 5.12.2 for Windowsをダウンロードしてください。

Qt5.12.2のインストール

ダウンロードした実行ファイルを起動してNextボタンをクリックします。

Qt5 Installer

Qtのアカウントを持っていればログインしてもかまいませんが、アカウントを持っていなければSkipボタンをクリックして先に進みます。

スキップ

次へボタンをクリックします。

Qt5 Installer

Qtのインストール先を指定して次へボタンをクリックします。
ファイルの関連づけを変更したくない場合は、Associate common file types with Qt Creatorのチェックを外してください。チェックを入れると、C/C++などのファイルもQt Creatorに関連づけが行われたような気がするので、個人的には「チェックを外すことをおすすめ」します。

Qt5のインストール先を指定

インストールするコンポーネントを選択して、次へボタンをクリックします。
後から追加することも可能なので、使いそうな物だけにチェックします。OpenCVなど他のライブラリでQtを使いたい場合、64bit環境であれば「MSVC 2017 64bit」を選択しておけばOKです。

Qt5のコンポーネント選択

ライセンスに同意して、次へボタンをクリックします。

Qt5のライセンスに同意

次へボタンをクリックします。

Qt5のスタートアップ登録

インストールボタンをクリックして、インストールを開始します。

Qt5のインストール開始

インストールが完了したら、完了ボタンをクリックしてInstallerを終了します。

Qt5のインストール完了

環境変数PATHの設定

インストール完了後、環境変数PATHC:\Qt\Qt5.12.2\5.12.2\msvc2017_64\binを追加して、Qt5のライブラリを参照できるようにします。

似たようなC:\Qt\Qt5.12.2\5.12.2\winrt_x64_msvc2017\binというフォルダも存在すると思いますが、このwinrt~というフォルダにパスを通した場合、OpenCVなどでQtを利用した時に一部のDLLファイルが存在しないためエラーになります。

そのため、PATHにはC:\Qt\Qt5.12.2\5.12.2\msvc2017_64\binフォルダの方を登録してください。(winrt~と付いていない方のフォルダ)